ジェンダー/FtM 深層心理学 話題

クロスドレッサーとは?その意味やトランスジェンダーとの関連をみて、自分はどうかをチェックしてみよう!

2021年3月4日

クロスドレッサーとは?トランスジェンダーとの違いや自己診断チェックも

こんにちはー!ふうたです。

この記事を書いた人

ふうた
ふうた "ふうたろぐ"管理人 心理支援職17年/
中性ブロガーとしてブログ始めて3ヶ月。
近畿在住/嫁さんと猫たちと暮らしています

多様な性の在り方が求められる現代ですが、
私も同じく、生まれ持った性別がありながら、
自分のセクシュアリティーについてはよくわからない悩みを持ち続け、
心理学の畑で生きてきました。

今回はクロスドレッサーについて、調べ考えてみたいと思います。

 

クロスドレッサーとは??

クロスドレッサーとは、
異性の服装やふるまい方を身につけ、それを自分の性表現とする人たちのことです。

ポイント

クロスドレッサーとは、
異性の服装を身につける性表現の持ち主 ” である。

 

つまり、具体的に言えば、以下の通りになります。

女性であれば男性の服装やふるまい方を通して、男らしさを表現する人のことであり、
男性であれば女性の服装やふるまい方を通して、女らしさを表現する人のことです。

 

芸能人の方でクロスドレッサーの可能性が強い人たちは、

  • マツコデラックスさん
  • ミッツマングローブさん

が代表的にあげられます。

 

セクシュアリティを決める要素からみたクロスドレッサーの特徴

まず、セクシュアリティー(人間の性の在り方)を決める要素は
以下の4つがあります。

人間の性の在り方を決める4つの要素
1 身体的性(出生時にあてられた性別) 誕生したときに医師や助産師などによって判断された性別
2 性自認 自分自身が認識する自分の性別
3 性的指向 性愛の対象となる性別
4 性表現 服装や振る舞いによって表現されている性別

この中でも4つ目にある「性表現」というの「見た目や言動などで表す性」に関わる
セクシュアリティがクロスドレッサーを決める要素になります。

 

トランスジェンダーとクロスドレッサーの違い

クロスドレッサーはトランスジェンダーと混同されることがありますが、
クロスドレッサーとトランスジェンダーは違います。

どちらものセクシュアリティにアイデンティティを持たせるために、
この分類が成されているのだと思います。

少しややこしく感じるかもしれせんが、
ポイントをおさえると理解しやすくなるので、
一緒にみてゆきましょう。

 

トランスジェンダーは、

外科的な手術を望まない性別の違和感を感じている人たち

のことを指します。

そして重要な特徴は、

身体的性と性自認が不一致であることです。

つまり、
・女性として出生したけれど、自分を男性だと感じていること
・男性として出生したけれど、自分を女性だと感じていること
をさします。

トランスジェンダーの大きな特徴

身体的性と性自認が不一致であること

 

かたやクロスドレッサーについては、
性自認は特に定義づけられていません

つまり、自分を男性だと自覚していて、女装で自分を表現します。
また、自分を女性だと自覚していて、男装で自分を表現します。

クロスドレッサーの特徴

身体的性と性自認が一致しているが、
性表現が不一致である

異性の振る舞いや服装をして、
自分らしさや自分を表現する性の在り方をします。

ある意味で、男性らしくあること、女性らしくあることの枠から
自由になろうとする表現方法を持っていることが
特徴的であるとも言えます。

そのことが当たり前の欲求として彼らの中から起こってくることも
特徴的です。

クロスドレッサーとトランスジェンダーの違い

トランスジェンダーは自分の身体的性を自分の性別だと受け止めづらいが、
クロスドレッサーは自分の身体的性を受け止めていながら、男装や女装で自己を表現している。

 

クロスドレッサーかどうかをチェックする方法

では、クロスドレッサーかどうかをどのようにチェックすれば良いか、
項目をあげてみたので、ぜひチェックしてみてください。

まず、前提として
ご自身の身体的性と性自認とをが一致しているかどうかを確認しましょう。

身体的性が男性である方はこちら

  • 自分は男性であるとわかっているし、それを認められる

身体的性が女性である方はこちら

  • 自分は女性であるとわかっているし、それを認められる

 

上のチェックが入らなかった方は、身体的性と性自認との間にズレが生じているので、 トランスジェンダーである可能性が高くなります。

 

上のチェック✔️が入った方は、
クロスドレッサーであるかどうかの次のチェック項目をみてみてください。

 

身体的性が男性の方はこちら

  • 女装が自らしたい
  • 女装を自然としてしまう
  • 男らしさを求められるのが嫌
  • 女装をすると、女性になった気がする
  • 女装をして「可愛い」「きれい」と言われると嬉しくなる
  • 女装をすると、開放感がある
  • 女装をすることに魅力を感じるしお金を使える
  • 女性ファッション誌をチェックしたい
  • 女装をしているときは女性トイレに入りたいとも思うことがあるが基本的には男性トイレを使用している
  • 化粧をすることがすき

 

身体的性が女性の方はこちら

  • 男装が自らしたい
  • 男装を自然としてしまう
  • 女らしさを求められるのが嫌
  • 男装をすると、男性になった気がする
  • 男装をして「かっこいい」「イケメン」と言われると嬉しくなる
  • 男装をすると、自分らしいと思えたり開放感がある
  • 男装をすることにお金を使える
  • 男性ファッション誌をチェックしたい
  • 男装をしているときは男性トイレに入りたいとも思うことがあるが基本的には女性トイレを使用している

 

あくまで目安になりますが、
上記項目に多くあてはまる方は、クロスドレッサーの可能性が高いです。

 

クロスドレッサーの悩み

クロスドレッサーの悩み

クロスドレッサーの方が抱く悩みや苦悩は、
この社会が考え方を拡大してゆかない限り尽きないと思います。

以下、代表的な悩みについてあげています。

  • 異性のファッションをしているが故に、同性愛者と決めつけられる
  • 男装や女装で満足しているのに、周りがそれ以上を求めるような傾向がある
  • 恋愛が特殊になる

 

1つずつ、簡単にですが解説させてもらいます。

 

異性のファッションをしているが故に、同性愛者と決めつけられる

クロスドレッサーは、性的指向(性愛の対象となる性)を勝手に決めつけらてしまうことが多くあります。

クロスドレッサーの中には、同性愛指向の方もいるし、異性愛の方もいます。

「女装をしているから男性を好きだろう」
「男装をしているから女性を好きだろう」

と、私たちの刷り込まれてきた既成概念が、勝手に性的指向を決めつけてしまうことで、
クロスドレッサーを苦しめていることもあると思います。

性の多様性を謳う世の中になったのならば、
私たちの凝り固まった考え自体を、
解体するべきところは解体して、建て直す必要もあると思います。
それはひとりひとりの思いやりや努力が大切だと思います。

 

男装や女装で満足しているのに、周りがそれ以上を求めるような傾向がある

私は心理学の現場で20年近く働いています。

人の個性というのは本当に面白いもので、
誰もが歪(いびつ)だからこそ面白い世の中になると感じます。

たとえば自分を確かに頑なにしてゆきたい指向が強い方もいるし、
変身願望の強い方もいます。
それはその方がその方の自己を実現するために、そのことが必要なのだと思います。

異性のふるまいや格好(男装や女装)をすることで、実際は、
自分自身の中にある秩序のようなものが少し和らぎます。
こうあらねばならないことから、自分が離れられることができたり、
そのまま生きていたら手にできなかったような自分を癒してくれる女性像や男性像に出会うこともあります。

新しいものの感じ方や見方が取り入れられて、それが楽しくてやめられない方もいます。

周りの人間(特に身近な人)から、
「そんなに女装(男装)するなら、性転換したら?」と言われて困っている方もいます。

女装・男装=性転換したい

という考え方自体が危険な考え方だと思います。
私たちひとりひとりが一度、そういった概念から自由になる必要があります。

 

恋愛が特殊になる

私は、心理学の畑を耕しきたせいか、
恋愛は特殊になっていいと思っているたちなので、
特殊になることになんら良し悪しがあるとは思っていません。

ただやはり、社会の規範がこの世にあるのが現実です。
そういった点で、それぞれの置かれた状況で、恋愛事情が複雑化してゆくことは当然かもしれません。

また、クロスドレッサーの方は特に、
自身のうちにある異性に対して、統合的自己解決を早い段階でしてしまいがちです。
自分のうちに、男性も女性もいるわけですから、ある意味で無敵です。
自分自身ではなく、自分ではない誰かに対して、
興味をもったり愛情をもつための課題が
人より大きな波でやってくるかもしれません。

繊細な感受性をもった優しい方が多いと思うので、
いろんなことに巻き込まれながら、強くなって生きていかれるんだと思います。

 

まとめ

「男らしさ」を隠し、「女らしさ」を強調する。
「女らしさ」を隠し、「男らしさ」を強調する。

このどちらもが、本来もつ自身の気質を素直に表現したいがための行動かもしれない。

本来の自分らしさや自然体の自分を、どのように表現したいかを考えた時に
たまたま男性服を選び、たまたま女性服を選んだ。

そんな風に考えられる世の中がくれば、またいいなと個人的には思いました。

ただ、社会の規範は不必要に男女を分けているわけではなく、
何かの理由があって男女を分けています。

それを解体することはできないけれど、
そこに問題提議することはこれからの新しい時代に意味深いことだと思います。

 

トランスジェンダー
参考トランスジェンダーでも、自分らしく生きたい。

続きを見る

 

少し前の記事ですが、面白い記事があったのでご参考までに。

 

今回は以上です。

ありがとうございました!

 

no image

ジェンダー/FtM

2021/6/13

【MtF診断テスト】性同一性障害かどうか、性自認診断テスト(Male to Female用)

こんにちは。ふうたです! この記事を書いた人 ふうた "ふうたろぐ"管理人 心理支援職20年 中性ブロガー 近畿在住/嫁さんと猫たちと暮らしています 今回は、自分が「MtF」かどうかの診断テストつまり、 「 Male to Female」かどうかの性自認テストを まとめてご紹介します。 MtF(エムティーエフ)とは、 トランスジェンダーというセクシュアリティ(性の在り方)の1つで、 FtMとは... 生まれてから男性という性別を割り当てられてはいるけれど、 女性として生きることを強く望んでいる人 のことを ...

ReadMore

FtMでもプールや海を楽しむための忘備録!

ジェンダー/FtM 恋愛

2021/4/4

諦めないで!FtMであってもプールを彼女や友達と満喫できるための予備録!

こんにちは。ふうたです。 これからあっという間に7月8月と、 夏のレジャー期が始まります。 コロナで大変だった今年なんて、 プールや海に入って、解放したくなりますよね。 何も考えず、みんなと遊びたい。 でも、僕らFtMはそれがいつも難しい。 当たり前のことが当たり前にできないから。 でも、思うんです。 人生1回切りなんで泣き寝入りせず、 プールとかもできる範囲で楽しんじゃおう! という開き直りも大切です。 今回は、プールや海水浴におけるFtMとしての悩みを共有して、 予防できるところは予防し、 楽しめる方 ...

ReadMore

ジェンダー/FtM 恋愛 暮らしに役立てる

2021/4/2

女たらしの男を落とす!本命だと言わせるための厳選2カ条|女たらし診断と行動つき

こんにちは!ふうたです。 女たらしの男性を好きになった女性のみなさんこんにちは。 好きになっちゃんたんですね...女たらしを。 やめときゃいいものを。 恋は盲目ですよね。 でも、 女たらしの男性、悔しいけど魅力的ですよね。 好きになったからには本気で落としていきましょうよ。 人生1回きりなんだから、 あなただけを見てもらう男性になるよう、 本気でいきましょう! この記事はこんな方におすすめ 女たらしの男性を本気にさせたい、落としたい 私だけを見てくれる男にしたい   女たらしの男を落とす方法! ...

ReadMore

no image

ジェンダー/FtM 恋愛

2021/4/3

FtMの彼氏と別れたい「こじれず別れる方法」とこれだけは気をつけたいこと|FtMブロガーの心の処方箋

こんにちはー!ふうたです。 この記事を書いた人 ふうた "ふうたろぐ"管理人 心理支援職20年 FtMブロガー・中性ブロガー/嫁さんと猫たちと暮らしています 今回は、「FtMの彼氏と別れたい」という時に、 こじれますよね。 きっと彼は、あなたが好きな分だけ自暴自棄になります。 それはFtMの彼との恋愛に限らず、 別れ話はどんなものであっても、こじれるものです。 くっついていたものが離れるためには それなりに儀式がいりますよね。 今回は特にFtMである僕らは 理解してくれていた女性との別れには繊細ですから、 ...

ReadMore

FtM服選びのポイント!

ジェンダー/FtM

2021/3/31

【FTMの服選びを楽しく★】男らしく見える服選びのポイントと悩みを解消!アンダーウェア情報も!

こんにちはー!FtMブロガーのふうたです。 この記事を書いた人 ふうた "ふうたろぐ"管理人 心理職20年 嫁さんと猫たちと暮らしています 私はホルモン療法や性転換手術などを全く受けずに 男性的に生きてきた40歳の人間です。 この記事をみている方は服選びに苦悩されていますよね。 せっかくお金かけるなら 「男らしく」「かっこよく」見える服が着たい。 私はこのことに結構頑張ってお金もかけてきました。 今でもある程度中性的な部分もありますが、 男性として女性からは好感を持ってもらえるほうだと思います。 最近は中 ...

ReadMore

-ジェンダー/FtM, 深層心理学, 話題

Copyright © futalog , 2021 All Rights Reserved.