Uncategorized 暮らしに役立てる 話題

【美腸の秘訣】乳酸菌が豊富な漬物ランキングとその効果★自宅で乳酸菌漬物の作り方

2021年3月30日

【美腸の秘訣】乳酸菌が豊富な漬物ランキングとその効果★自宅で乳酸菌漬物の作り方

こんにちはー!ふうたです。

この記事を書いた人

ふうた

ふうた "ふうたろぐ"管理人 心理職20年/
近畿在住/嫁さんと猫たちと暮らしています

みなさんはお漬物好きですか??

私はかなり好きなほうなのですが、
この日本人がよく口にする漬物

なんとこの漬物に、
乳酸菌が含まれているんですね。

しかも!
ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌よりも
漬物に含まれる乳酸菌の方が
いろんな面で体に良いらしいんです!

今回は、そんな漬物の乳酸菌の秘密や効果
そして、乳酸菌の多い漬物をランキング形式で紹介

そして、
自宅で簡単にできる乳酸菌漬物レシピ
などをご紹介いたしますね。

こんな方におすすめ

  • 漬物の乳酸菌ってどんな風に体にいいの?
  • 乳酸菌の多い漬物を教えて!
  • 自宅でできる乳酸菌漬物のレシピを教えて〜

 

漬物に含まれる乳酸菌の特徴

漬物には植物性乳酸菌がふくまれている

漬物

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、
漬物に含まれている乳酸菌は、植物性乳酸菌といいます。

漬物には植物性乳酸菌が含まれている!

この植物性乳酸菌ですが、実は、
動物性乳酸菌よりも野生的でたくましい乳酸菌だと言われています。

つまり、
植物性乳酸菌のほうが腸に届く力が強いのです。

ポイント

動物性より植物性乳酸菌のほうが腸に届く力が強い!!

【植物性乳酸菌】 野菜 / 大豆 /米

【植物性乳酸菌の特徴】
ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖をエサに生きている

【動物性乳酸菌】 乳

【動物性乳酸菌の特徴】
乳糖をエサに生きている

 

 

どうして植物性乳酸菌のほうが腸に届く力があるのか?

漬物

では、どうして漬物のような植物性乳酸菌が、
ヨーグルトなどの動物性乳酸菌より、腸に届く力が強いのでしょうか。

結論からいえば、
「植物性乳酸菌の方が厳しい環境でも育つチカラがあるから」です。

ポイント

植物性乳酸菌の方が厳しい環境でも生き抜く力がある!

植物性乳酸菌は、野菜などの植物を発酵させたものですが、
動物性乳酸菌は牛乳に繁殖することで生まれます。

動物性乳酸菌は、生体に体温があるように、ある一定の温度のもとで生きています。
低温だと育つことができず、他の菌とも共生することができません。
つまり、動物性乳酸菌は温度管理が重要で、過保護に育てる必要があります。

かたや、
植物性乳酸菌は野菜などの植物のブドウ糖をエサとして生きることができます。
塩分や酸が多くとも、寒い場所に置かれていても、エサがあれば育つことができます。
さらには酵母や他のさまざまな菌と生存競争をしながら生き残る力を備えています

まるで動物性乳酸菌は過保護に管理が必要なおぼっちゃんで、
植物性乳酸菌は野生児のようにたとえられます。
さまざまなものと共生して過酷な環境下でも
たくましく生きる力を持っている乳酸菌が植物性乳酸菌です。

なので、漬物などに含まれる植物性乳酸菌は、
ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌よりも、
過酷な塩の殺菌力から生き延び、
胃酸にも負けることなく生きたまま腸に届くことができる、
たくましい乳酸菌です!

塩分や低温などの過酷な環境を生き抜いてきた漬物の植物性乳酸菌は、
胃酸にも負けずに腸に届くたくましさを持っている!

 

漬物に含まれる乳酸菌の効果

では、漬物の乳酸菌効果とは、どのような効果でしょうか。
以下に、まとめみました。

  • 便秘改善
  • 肌荒れ防止
  • 免疫力向上
  • ダイエットや太りにくい体に
  • 花粉症改善
  • アトピー性皮膚炎改善

植物性乳酸菌の効果には、
漬物が野菜を原料としているところがポイントになります。

漬物の原料となる野菜は、腸内で善玉菌のエサとなる
食物繊維が豊富に含まれています。
漬物を摂取することで、食物繊維や植物性乳酸菌を体内に招き入れ、
人間の腸内の善玉菌の働きが活発に強化されます。

このような漬物の乳酸菌効果により、
腸内環境が改善されることで、上記のような効果が期待できます。

しかも、漬物の植物乳酸菌が生きたまま腸に届く力を持っているため、
継続的に摂取することで
ほかの乳酸菌よりも効果が現れやすい、ということになります。

 

乳酸菌が豊富な漬物ランキング【トップ3】

腸まで届いていろんな体にいいことをもたらしてくれる植物性乳酸菌。

そんな植物性乳酸菌が豊富に含まれている漬物を
ランキング形式でトップ3までご紹介します!

 

ぬか漬け


1位 ぬか漬け

1gのぬか漬けの中には、1億個もの乳酸菌が存在するといわれています。
また、野菜をぬか漬けにするあけでビタミンB1が約10倍に増えるそうです。

他にも多様な栄養がぬか漬けには詰まっていて、
ビタミンEやフェルラ酸などが含まれています。
腸内環境の改善や美肌効果、免疫力向上にはもっともおすすめの漬物です。

 

すぐき

2位 すぐき

すぐきは、塩だけの手作業で自然な乳酸発酵をうながして作られます。
そんな自然にできるすぐきには「ラブレ菌」という乳酸菌が発見され注目を集めてきました。
あのカゴメから出ている「植物性乳酸菌ラブレ」には
すぐきから発見された乳酸菌が使用されています。

ラブレ菌には、腸内の善玉菌を増やす作用や、
腸内環境を調整することで便秘を改善する効果が期待できます。
また免疫力を高める効果も期待できます。

酸っぱさがたまらなく美味しいですが、
美味しいだけではなく自然からの恵みである
植物性乳酸菌がしっかり含まれているおすすめの漬物です。

 

すんき漬け

3位 すんき漬け

「すんき漬け」とは、長崎県の伝統的な発酵漬物で、
赤かぶの葉茎を使用して、乳酸菌発酵させた漬物です。

「すぐき」と似ているように思いますが、
「すんき漬け」は塩を使わずに作られることが特徴で、
発酵の際の温度も違います。

すんき漬けにも乳酸菌による効果が期待できます。
便秘などの改善はもちろんですが、
特にすんき漬けに含まれる乳酸菌には、
花粉症やアレルギー性のものに対する抑制効果が期待されているそうです。

ほかにも、発酵させて作られている
味噌、納豆、キムチ、しば漬け、千枚漬けなども
植物性乳酸菌が含まれる食品になります。

ここに注意!

市販で売られている漬物や浅漬けなどには、化学調味料、添加物やうま味調味料で作られているものが多くあります。
植物性乳酸菌が豊富に含まれているものを選びたい場合は、
ぬかや塩などでシンプルに作られ、
かならず発酵されている漬物を選ぶようにしましょう!

自然発酵してあるかどうかが、植物性乳酸菌の豊富な漬物を選ぶポイントです。

 

自宅で簡単にできる!乳酸菌漬物レシピの紹介

ところで、体にいいことづくしの漬物の乳酸菌。
そんな乳酸菌が含まれた漬物を、自宅で手軽に作れたらいいですよね〜。

そこで、乳酸菌の豊富な、簡単な漬物の作り方をご紹介します。

ぬか漬けは、難しそう…手間がかかりそう…でした。

そこで、この記事では、「ザワークラウト」づくりをご紹介したいと思います!

参考

ザワークラウトとは、ドイツの伝統的な料理でキャベツで作る常備菜

お肉やご飯によく合う「ザワークラウト」を白菜で和風版にしてみても美味しいですよ。
まろやかな酸味で、お肉の付け合せやご飯とも相性バッチリ
発酵食品なので、植物性乳酸菌も豊富に採れる一品です!

しかも超簡単です!

【白菜のザワークラウト材料】

  • 白菜の重量に対して塩は2%
  • 白菜550gだと塩は11g(550g×2%)

【白菜のザワークラウト作り方】

❶ 白菜はお好みの切り方でOK
(ざく切り、千切りなど)

❷ 切った白菜をボウルやジッパー付き保全袋に入れ、
塩を加え全体に塩が行き渡るように揉みこんでいきます。

❸ 揉みこんだら、ジッパー付き保全袋に
平らになるように入れ、空気をしっかり抜きます。

❹ バットなどに置いて2キロくらいの重しを置いて常温で発酵させます。
冬場など寒い時期なら5~7日
夏など暖かい時期は3日ほど発酵させます。

❺ 乳酸発酵によって酸味が増してきたら完成です。

白菜での漬物の作り方の動画を見つけましたので、ぜひご覧ください。
白菜の切り方からはじまり、漬物の作り方まで丁寧に教えてくれています。
乳酸菌の漬物の作り方は3分くらいから始まります。


出典:YOUTUBE【腸活】乳酸発酵白菜の作り方、腸が歓ぶインスタント汁レシピあり

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

漬物のもつ乳酸菌パワー、すごいですよね。

日本人には馴染みの深い漬物に、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌よりも
パワフルな乳酸菌が含まれているということに驚きでした。

野菜嫌いのお子さまも漬物にすることでパクパク食べてくれます。
乳酸菌も野菜の栄養も摂ることができるので、
「漬物」は一石二鳥の食品ですよね。

毎日の食事にぜひ
漬物を取り入れていきたいですね♪

今回は以上です。
ありがとうございました!

-Uncategorized, 暮らしに役立てる, 話題

Copyright © futalog , 2021 All Rights Reserved.