創造力を培うもの 暮らしに役立てる 話題

ミャンマー化粧品「タナカ」の真相!美肌大国ミャンマー2000年の天然化粧品が日本到来!

ミャンマー天然化粧品タナカ

こんにちはー!ふうたです。

この記事を書いた人

もんち

ふうた "ふうたろぐ"管理人
心理職20年/芸大卒/中性ブロガー
近畿在住/嫁さんと猫たちと暮らしています

ちょっと聞いてもらえますか?あのね、

ミャンマーには「タナカ」がたくさんいる!

んですよ。

ワルた
そうなん?田中ってのがめっちゃおるんか!

はははwww。
この一文はまるでミャンマーには田中さんの一族がたくさんいる、
みたいな表現に私たち日本人は聞こえてしまいますが、
実は全く違います。

ミャンマーの「タナカ」の謎を、解明してゆきましょう!

この記事はこんな方におすすめ

  • ミャンマーの「タナカ」ってなに??

 

美肌大国ミャンマーで知らない人はいない「タナカ」について

タナカ

田中さんが開発した化粧品?とか思ってる人いるかもしれませんが、
それも全く違います。

実は、

「タナカ」とは、
ミャンマーで使われている天然の化粧品の名前で、
ミャンマーでは子供から大人まで、2000年ほど前から日常的に使われ続けてきました。

また、その「タナカ」という化粧品の
原産である樹木の名前が「タナカ」といいます。

まとめると、
ミャンマーでは「タナカ」の木が豊かに生息していて、
それを原料作られる「タナカ」という化粧品が昔からあります。

よめりーぬ
田中さん全く関係ないやん!

そうです。田中さんは一切関係ありませんが、
ミャンマーでは日本では田中という苗字が多いことが知れていて、
鉄板ネタにもなっているそうですよ。

ポイント

ミャンマー由来の「タナカ」とは、
ミャンマーで使われている天然の化粧品の名前であり、
その原料である樹木の名称である。

 

「タナカ」の名前の由来は??

ミャンマー語ではタナカを「ThanaKha」と書きます。

"Thana" + "Kha" でタナカということですが、

"Thana"「汚れ」という意味があり、

"Kha"には「清潔」という意味合いがあります。

それらが合わさった語源になっているということです。

殺菌効果や浄化作用がありそうな名前ですよね。

タナカの由来

"Thana" + "Kha"

「汚れ」「清潔」

 

美肌大国ミャンマー原産「タナカ」の木の特徴は??

少しだけ「タナカ」の木(樹木)のことも調べてみました。

タナカの木は乾燥を好み、ミャンマーの中部における乾燥地帯を中心に生息している木です。

乾燥地帯で生きながらえる植物たちは、自ら水分を保湿する力がないことには乾燥地帯を生き延びることができません。

その保湿能力や生命力の強さが、2000年も前のタイェーキッタヤー時代からミャンマーの人々や女性たちを支えてきたと言います。
当時から肌や体に塗って使っていたそうです。

中でも、この「タナカ」のおかげで美肌大国と言われている(みんなお肌がきれいな)ミャンマーで、最も化粧品として普及している「タナカ」の木は、次の2種類だと言われています。

・シェウェボータナカ(ザガイン地方産)
・シンマダウンタナカ(マグウェ地方産)

また近年、この2つのタナカに加え、ペースト状で販売されやすいことで注目を浴びるようになった

・タウンジータナカ(シャン州南部産)

という種類もあります。

また、この「タナカ」の木は、樹皮を塗りつぶして化粧品として使用されますが、そうやって使用できるまでには少なくとも35年の生育が必要とされています。

つまり、樹木として十分に成熟したものでないと効果や効能が発揮されません。

ミャンマーの人たちの歴史ある伝統的な知恵として、ミャンマーではそのように了解され、老若男女かかわらず、特に若い女性を中心に「タナカ」が使われています。

 

ミャンマーでの天然化粧品「タナカ」の作り方や使い方

ミャンマー現地では市場で木片として丸太のように「タナカ」の木が売られています。
価格も若い女性が買えるだけある安い価格だそうです。

では、天然化粧品「タナカ」の作り方をみてゆきましょう!

天然化粧品タナカの現地での作り方・使い方

  • タナカの木片を、板状になった石にこすりつけます。
  • 樹皮から削れ出てきた粉に水をふきかけ、こすりふきかけを繰り返します。
  • 出来上がった液を顔全体につけ、乾くまで少し待ちます。
  • 頬のあたりに円く塗ります。

 

百聞は一見にしかず!
ということで、動画を見つけました!
この動画、微笑ましい動画で何度もみてしまう.....。

ミャンマーでの「タナカ」の作り方と使い方

よめりーぬ
おもしろ〜い♡
こんな風にフェイシャルクリームみたいに「タナカ」を使うんやね〜

これら一連の「タナカ」を使った化粧は、ミャンマーの多くの人たちの子供の頃からの習慣で、5分もあれば終わる毎日のモーニングルーティンだということです。

ポイント

美肌大国ミャンマーでの5分のモーニングルーティンは、
「タナカ」でのスキンケアメイクアップ!が主流

 

ミャンマーでは、子供から大人まで、そして男女なども関係なく、「タナカ」を使います。
タナカをつけることで肌が整うだけでなく日焼け防止などの効果もあるからです。

ミャンマーでは現在、外国から輸入される化粧品も多くあり、若い女性は口紅やファンデーションなどをするようになったと言います。
ただ、そんなミャンマーの若い女性たちでも、日常的には「タナカ」を好んで使っているそうです。

その理由は、輸入物の化粧品とは違って「タナカ」には保湿効果が高く、肌にうるおいがしっかり出るのでやめられないそうです。

 

天然化粧品「タナカ」の効果や効能とは?

ミャンマー原産の天然化粧品「タナカ」の効果や効能をみてゆきましょう。

「タナカ」に期待できる効果は以下の通りです。

  • 保湿
  • 皮脂成分の吸収によるニキビの予防
  • 肌荒れ防止
  • 肌の引き締め
  • 虫刺され防止
  • 日焼け防止
  • 乳幼児の消化不良の改善
  • 頭痛緩和
  • 体の熱とり
  • 解熱効果(実部分)

ミャンマーの人々には、「タナカ」はずっと昔からともに歩いてきた万能薬のようなところがあり、単なる化粧品というだけではなく、医薬品としても使用されています。

ただ、
タナカの効用についての科学的根拠は、まだ乏しいのが事実で、これらの効用は2000年というミャンマーの長い歴史の中で経験的に得られものがほとんどです。

ワルた
だからいろんな国が「タナカ」に注目し始めてるんやな。

そうなんです。タナカブームがくることも遠い未来じゃないかもしれません。

 

そんな中、いち早く「タナカ」のネイティブな力に目をつけて
取り入れているクレイ洗顔がありました!
その名も「ReTanaka」
↓↓↓

ReThanaka

なんか話題になりそうですよね〜

 

「タナカ」に関する動画紹介

 

\こちらはタナカのことを特集している番組/

※少し日本語訳が変ですが見れないほどではありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミャンマーでは自然の天然の力が今もなお大切にされ続けていることに、心があたたまる思いでした。

科学的根拠、それは大切なことかもしれないけれど、ばあちゃんやじいちゃんがずっと続けてきたことこそ、目に見えないところでのつながりや、大事にしなければならない何かがあるのではないかと感じたりもしちゃいました。

今回は以上です。

ありがとうございました!

-創造力を培うもの, 暮らしに役立てる, 話題

Copyright © futalog , 2021 All Rights Reserved.