コウケントー光線療法

これで安心!コウケントーの掃除や自宅での簡単メンテナンス方法を解説!|愛用歴30年

コウケントー

こんにちはー!ふうたです。

この記事を書いた人

もんちふうた "ふうたろぐ"管理人 心理職20年/
芸術大学出身/コウケントー愛用歴30年
近畿在住/嫁さんと猫たちと暮らしています

私はコウケントー光線療法の治療器具を使用して30年の愛用者です。

コウケントーと過ごす毎日のおかげで
体の温かい基礎地盤ができ、免疫力も高く毎日過ごせています。

今回はそんな愛すべきコウケントーの掃除、メンテナンスについて取り上げて
解説してゆきたいと思います!

できるだけ長く感謝して使いたいもんね。
ワルた

 

コウケントー治療器具の掃除方法について

コウケントーの掃除前に!チェック

まず、お掃除お手入れを始めるまえに以下のチェックを忘れずにしましょう!

掃除を始める前の注意点

  1. 掃除・点検・お手入れの際には、電源スイッチを必ず0FF!
    電源プラグも抜きとること
  2. 光線治療器が完全に冷えた状態で行うこと
  3. 細かい煤や塵などを口から吸引しないよう、
    マスクをして行いましょう
OFF

電源OFFを確認

コンセント

コンセントは抜いておこう

 

光線治療器は、掃除をこまめにおこなっても内部塗装などの剥がれがおきたりしないよう頑丈に作られています。
できるだけ煤や埃がたまらないように、こまめに簡単掃除を心がけましょう。

念の為、煤や粉塵を吸い込まないよう、マスクをするようにしましょう。

 

コウケントーの掃除に必要なもの

では、掃除に必要なものは以下のとおりです。

掃除に必要なもの

タオル(分厚いキッチンペーパーを数枚重ねたものでも代用OK)

中性洗剤を水で薄めたもの or 水

中性洗剤

 

次に、コウケントーを掃除する際に使ってはいけないものをおさえておきましょう。

【 掃除に使ってはいけないもの】
・ベンジン、シンナー等
(塗装面を傷める原因になるため)

 

コウケントーの掃除方法

それでは具体的にコウケントーの掃除方法や手順について解説してゆきます。

step
1
照射器外部を中性洗剤を薄めたものをふくませたタオルで拭き汚れをとる

コウケントー

優しく汚れを拭き取ろう

コウケントー

結構汚れています

照射器外部の部分については、この要領で埃や汚れを拭き取りましょう。

 

 

step
2
照射器内部を乾いた布などを使って煤を落としながら拭き取る(水は使わないこと)

照射器内部を掃除するときは、水を使わないようにしましょう。
乾いた布などを使って煤をとりのぞいてゆきます。

私の場合は下に大きめのビニール袋を開いておいておき、
キッチンペーパーですすをなでるように落としていきます。
必ずマスクをして行うようにしましょう。

内部

掃除

掃除

掃除

この照射器内部の煤の掃除方法については、
以下のページでユニークで掃除方法も紹介されていました!

照射器内部の煤は、紙コップでとれる!


これなら手軽に掃除ができそうですね。グッドアイデア!

 

step
3
照射機後部の発光器カバー内に小さくなったカーボン電極が入り込んでいないか、確認する。

コウケントー

発光カバー

カーボンが短くなってくると、ふとした瞬間にカーボンが奥に落ちてしまって、
発光器カバー内に入り込んでしまっている場合があります。
そのまま使用すると故障や感電の原因になることがありますので、
発光器カバー内にはカーボン電極が残らないようにチェックしましょう。

どうしてもカーボンが奥から取れない場合の取り方

屋外に照射器を持ち出して、照射器を下に向け振り出してみる!

 

step
4
照射器上部の排気口カバー、排気口ネットは取り外して掃除する

コウケントー

ねじって外す

コウケントー

開ければかなり汚れている

コウケントー

金属類は水NG、乾いた布で十分

コウケントー

きれいになった

排気口カバーを反時計回りに回して外す。
排気口ネットは持ち上げてはずす。
ネジなどの金属部以外は水洗いをしてもOKですが、
水洗いした場合は必ず完全に乾かしてから取り付けましょう。

私の使用する光線治療器には、排気口ネットがついていませんでした。
平成21年9月以降に出荷されたコウケントーの本体にはあらかじめセットされていたそうです。
排気口ネットは、燃焼にともなって出てくる細かい塵の照射器上部からの拡散を軽減するためのパーツです。

購入はこちらから

 

以上の4ステップがコウケントー光線治療器の掃除方法になります。

 

 

自宅で簡単にできるメンテナンスについて

コウケントーは私も30年使用していますが、
30年、40年と長く大切に使えるようシンプルで頑丈に設計されているものです。

コウケントー治療器具を長く効果的に使用するために、
いくつかの自宅メンテナンスをご紹介します。

全く使えなくなったり故障したり破損したりした場合は、メーカーでの修理が必要になります。
そうならないためにも、以下のような状況の場合は、
自宅で消耗部品を取り替えることでメンテナンスでき、長く使用できますので
ご参考にしてください。

カーボン電極を取り付けたときに、カーボンの両極の先端が上下などにずれている

カーボン

カーボンをとりつけたときにカーボン同士の接触部分にずれがある場合は
正常にスパークすることができません。

ホルダー取り付けネジをゆるめて先端部が揃うように調整するか、
次の項目でのホルダーの買い替えを行ってください。

カーボン固定ネジ、カーボンホルダーが熱で溶けている、破損している

カーボンホルダーや固定ネジ先端部は、熱やスパークで消耗し短くなります。
カーボンの電極をしっかり固定できなくなったら、必ず交換するようにしてください。

交換部品はこちらから購入できます。

 

なお、メンテナンスでどうにもならない故障や破損、部品の紛失などについては、
以下のページより迅速に対応していただけるそうなので、
問い合わせしてみてください。

また、日常の使用に異常がない場合でも、10年異常使用している場合は安全のため、
総合的な点検整備をお願いすることをおすすめします。

 

まとめ

以上がコウケントー光線治療器の掃除とメンテナンス方法でした。

いかがでしたでしょうか。
私はずぼらな性格ですが、
思いついたときに掃除をしながら
30年間1台の同じコウケントー治療器を使用しています。

頑丈に作ってもらえていることもありがたいですし、
感謝の気持ちが生まれます。

今回は以上です。

ありがとうございました。

-コウケントー光線療法

Copyright © futalog , 2021 All Rights Reserved.